過払い金請求のデメリット ※デメリットなしは嘘だった!?

債務整理をするとブラックリストに載るか?

消費者金融にカードローンを申込むと、必ず審査を受けることになります。
そして、融資における条件をすべてクリアしたとしても、「ブラックリスト」の掲載があると必ず、融資不可となります。

 

ブラックリストというのは、指定信用情報機関に登録されている自己破産などの債務整理や、3カ月以上の滞納などの返済事故のことです。

 

以前は消費者金融や信販会社、銀行など業態ごとの信用情報機関が独立されていたり、信用情報機関に加入していない業者がいたりして、すべての利用者のブラックリストを把握することが不可能になっていました。

 

改正貸金業法による指定信用情報機関制度が導入

しかし、改正貸金業法によって、利用者に対する過度な貸付の防止を目的とする指定信用情報機関制度が導入されたことで、すべての貸金業者は指定信用情報機関への加入が義務付けられ、また指定信用情報機関同士の情報の交流が図られるようになったため、全貸金業者はすべてのブラックリストを共有できるようになりました。

 

ところで、ブラックリストといっても、実際にブラックリストというような帳票があるわけではなく、指定信用情報機関に登録されている返済事故のデータをブラックリストと呼んでいます。

 

ちなみに、指定信用情報機関にブラックリストが登録されている期間は、延滞情報は1年、債務整理などに関する情報は5年になっており、それを過ぎると消去されます。