過払い金請求のデメリット ※デメリットなしは嘘だった!?

消費者金融などをはじめとした貸金融業は、貸金業で定められている金利があります。
借りる金額によって金利は違ってきますが、利息制限法により10万円未満で年利20%まで、100万円以上で年利15%と高くなるほど金利は低くなっています。
しかし従来出資法では年利29.2%まで貸しても良いとされていた為に、上記に定められていた金利よりも高く29.2%で貸していた事が多いです。
この利息制限法で定められている金利と出資法で認められている金利に隔たりが出ており、その差の部分がグレーゾーン金利となっていました。

 

しかし2010年に出資法などが改正された事によって、このグレーゾーンの部分が違反として取り扱われるようになりました。
そしてグレーゾーン金利とされた部分を過払い請求といった形で請求する事が出来ますが、これは今払っている金利だけではないので、過去10年に遡って請求する事が可能です。
しかしこの場合には、請求書であったり、契約書を提示する必要があります。
業者に取引履歴を請求する事もできますので、まずは連絡をとってみる事をしてみます。
しかし消費者金融などでも保存の義務というのがありますが、状況によっては過去に遡る為には自分で探す事が求められています。

 

そういった事からまず過払い請求をする為には、請求書と契約書などのグレーゾーン金利を支払っていたという証拠を見つける必要があります。